金貨投資の運用方法

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

一般投資家としての金投資に対する取り組み方は、あくまでも長期の資産であり守りの資産形成としての取り組みです。値上がり期待よりも資産保全として買われるケースが増えています。多少の相場の変動に踊らされずに長期保有できる点が、一般投資家のメリットです。株や債券等の資産と異なり、金は現物資産なので無価値にはなりません。つまり価格が下がっても上がるまで待つことが可能です。

しかしながら価格変動があるのも事実です。いくら無価値にならないとはいえ、多少考慮する必要はあります。相場が上昇基調にあるからといって、生活に必要なお資金を投資するべきではありませんし、借金して投資するようなことはもってのほかです。金を買う場合には、価格が変動しても大きなマイナスにならないような考え方が必要です。時期の分散投資により価格の変動リスクを抑えることができます。一度に購入せずに購入時期や資金を分散することをお勧めします

また、不安であれば投資スタンスに合わせた金貨購入のアドバイスをくれる金貨販売サイトもありますので、探してみると良いでしょう。金の価格は国際情勢の影響を受けやすく、緊迫すると投機筋の動きが活発になることが多く、短期的な乱高下が起きやすくなります。しかしこのような投機筋は、長期投資ではありませんから、国際情勢に目を向けて有事の相場かどうか判断する必要があります。